ビル賃貸 成功のポイント

状況や希望にあった不動産会社選び
都心のビルオーナー特有の悩みや要望とは?

  • どこの仲介業者に任せたらいいかわからない
  • 優良テナントを誘致したい
  • ビルの維持管理のアドバイスがほしい
  • 購入・売却を含めた相談をしたい

都心にビルを所有するオーナーにとって、仲介会社選びは重要です。適正な募集条件等のご提案からテナント誘致まで、オフィスマーケットの変動が激しい昨今では、リーシングのための提案力や営業力が求められます。

都心のビル仲介、賃貸オフィス仲介のノウハウをもったパートナー選び

都心のビルのマーケット動向をよく把握し、忙しいオーナーに代わってテナント募集から運営管理まで一貫して行える、そんなパートナーを選ぶことが大事です。

KENの強み

KENでは創業以来、都心に特化して不動産事業を行ってきた実績とノウハウがあります。オフィス仲介においても専門の営業部がマーケットやテナントなどの情報など総合的に判断し、最適なリーシングをバックアップします。

仲介会社を選択するときの
おさえておきたい3つのポイント

ポイント1 ターゲット設定と空室対策の総合的な戦略がポイントです

・的確なマーケット分析、・最適なテナント想定、・リーシング力

オフィスビルの空室解消には、最新のマーケット状況を把握し、物件に最適なテナント候補に素早くアプローチすることがポイントです。特にマーケットの変動が激しい都心では、誤った低査定による収益減や高査定による長期空室などで、オーナーに損失を与えかねません。

KENはオフィス仲介に特化した営業部門をもち、最新のマーケット分析をもとにターゲット選定とリーシング戦略を立案いたします。

ポイント2 仲介会社は優良テナントのストックをもっているかがポイントです

KENグループのネットワークや、長年培ってきた独自の優良顧客や法人のネットワークを最大限に活用。住宅とともにオフィスの移転をお考えの企業経営者、投資物件をお探しの法人などのお客様はオフィスも探していたりします。また、外資系企業の顧客が多いのもKENの特徴です。

KENではグループが保有する優良テナントへいろいろな形でアプローチ、スムーズで素早いテナント誘致を実現します。

ポイント3 テナントのサポート満足度もポイントです

リーシング時から契約、オフィス移転に至るまで、あらゆる場面でのサポートに対するテナント満足度も重要なポイントです。

KENでは、ビル運営管理事業との連携により、テナント募集だけでなくその後のビル運営管理まで一貫してお任せいただくことで、オーナー様にもテナント様にもフルサポートサービスが可能です。