Close Up -品川シーズンテラス- [物件詳細]

品川シーズンテラス港区 港南

国際ビジネス拠点のランドマーク
2015年春、誕生。

品川シーズンテラスは芝浦水再生センターの再構築に伴う上部利用事業として、JR「品川」駅港南口徒歩6分の立地に誕生する、国内最大級の超高層オフィスビルです。1フロア1500坪・天井高2900mmを有するオフィスビルの大きさは、南北約83m・東西約80m、加えてオフィスビルと一体的に整備される3.5haの広大な緑地は、人と人、都市と自然が多彩にリンクする新たなランドマークとして注目を集めています。
羽田空港までわずか13分、新幹線も利用できる「東京の玄関口」品川は国内・海外問わずアクセスの利便性が高く国際ビジネスの拠点であるとともに、再開発が進められ発展を続ける魅力的なエリアです。たくさんの企業が本社を構える都内屈指のビジネス街「品川」、品川シーズンテラスの誕生によりエリアの発展がさらに期待されます。

外観(完成予想図) 外観(完成予想図):地上32階地下1階の超高層オフィスビル。

地図 地図:JR「品川」駅港南口から北東へ徒歩6分。芝浦水再生センターが雨天時貯留池を建設するのに合わせ、その上部空間を利用して都市再開発が実施されたのが、高層複合ビル「品川シーズンテラス」。

安心・安全を兼ねそろえた免震構造と
環境配慮型オフィスビル

品川シーズンテラスの特徴の一つに日本最大級の免震構造を採用したこと、が挙げられます。万一の大規模な地震による被害を最小限に抑えられる免震構造を採用し、非常時にはビル用非常用発電機により72時間ビル機能を維持します。
また、環境にも配慮された品川シーズンテラスは、自然エネルギーを効率よく活用する省エネルギーシステムを積極的に導入、光・風・水など貴重なエネルギーを活用し、環境への負荷低減と快適なオフィス環境を両立した環境配慮型オフィスビルとして、お客様の企業価値を向上させます。

Feature

  • 大型ビル
  • 3.5haの緑地
  • 免震構造
  • 1フロア1500坪
  • 分割相談

内観:11階

広大な緑地の生み出す多彩な可能性

オフィスビルと地域をつなぎ多彩にリンクする広大な緑地が最大の魅力の1つ。「シーズンテラス」の名のもとに、春は桜、秋には紅葉が楽しめ、四季折々の風景が働く人や訪れる人々に安らぎと潤いを与えてくれます。オフィスからのグリーンビューも期待できます。
緑地は大きく2つに分かれます。品川駅側の「サウスガーデン」は訪れる人を迎えるフロントガーデンとして並木や水景、壁面緑化を整備し、潤いのある景観を創出。一方北側に位置する広大な「ノースガーデン」は、樹木、水辺を有する芝生の広場を整備。イベントスペースなど様々なアクティビティに利用できる豊かな空間を生み出します。既存の緑地ともリンクしながら、エリア周辺との一体感を大切にしたランドスケープをつくります。

基準階平面図 基準階平面図

最新設備と1,500坪のオフィスフロア

国内最大級のスケールを誇る品川シーズンテラス。オフィスは、1フロア1,500坪、天井高2,900㎜の開放感のある大空間が広がります。LED照明、高性能Low-E複層ガラスなど省エネ性能に優れた設備を採用。整形で適正なオフィスフロアはレイアウトの自由度が高く、様々なテナントニーズにお応えします。眺望を活かした受付・応接室などのレイアウトも可能です。また、分割もご相談可能ですので、ぜひご相談ください。

内観:11階 フロア構成:タワー棟とアネックスからなる建物構成。1~3階部分は商業・カンファレンス等のオフィスサポート機能を集積しています。

所在地 東京都港区港南1-2-70  地図で見る別ウィンドウで開きます
交通 山手線 品川駅 徒歩6分
京浜急行線 品川駅 徒歩6分
京浜東北線 品川駅 徒歩6分
横須賀線 品川駅 徒歩6分
構造 / 階建 鉄骨造 / 地上32階 地下1階
竣工 2015年2月

品川シーズンテラスの募集状況(1件)

階数 用途 面積 坪賃料
坪共益費
月額賃料
月額共益費
入居
時期
詳細 検討中リスト

Close Up一覧に戻る